SEOの話題となると、必ずと言って良いほどコンテンツマーケティングというフレーズが一緒に使われています。また、同義の言葉として用いられている場合も少なくありません。

確かに似通った部分もありますが、実際にはそれぞれ異なる意味を持ちます。正しいコンテンツSEOを行うためにも、これらの言葉の意味の違いについて正しく認識する必要があります。

コンテンツマーケティング=SEOは間違い

sem-column2まず、知っておかなければならないのはコンテンツマーケティング=SEOではないということです。

最初にコンテンツマーケティングについてですが、これは自社商品や自社サービスの購入促進といったことを目的に行うマーケティング活動を指します。ただ、不特定多数のユーザーに対してのマーケティングではなく、自社商品・サービスに関心を持つ見込み客を惹きつけるということが目的となっており、この点がSEOと混同されてしまいやすい理由だと考えられます。

一方、SEOはウェブサイト内のコンテンツを充実させることで、検索エンジンから訪れるユーザー数を増やそうという考えに基づいて行われるアクセスアップの手法です。

このようにSEOとコンテンツマーケティングには似た部分もあるのですが、その目的や方法に大きな違いがあります。

コンテンツマーケティングの目的が売り上げの上昇にあるのに対し、SEOの目的はあくまでもアクセス数の増加です。また、SEOはウェブサイト内の主にテキストコンテンツを充実させ、検索エンジンでの検索結果で上位になれることを目指しますが、コンテンツマーケティングはより広く見込み客からの新規購入・新規依頼の増加を目的としています。そのため、コンテンツマーケティングではテキストコンテンツ以外の充実化も視野に入れることとなります。 打ち合わせなどを円滑に進めていくためにもその場に応じた使い分けができるのが理想的です。

他にもある混同しやすい関連用語

SEOとコンテンツマーケティングだけではなく、他にも誤って混同してしまいやすい関連用語があります。

もっともメジャーなものは、最近頻繁に使われるようになったコンテンツSEOというものでしょう。コンテンツSEOは、SEO対策の一つですが、価値のあるページを作り、価値のあるリンクを増やし検索結果での上位を目指すというものです。

他にもロングテールSEO、インバウンドマーケティングといった用語があり、それらについても正しい意味を知っておくことが望まれます。

 

【この記事に関連した記事があります】
コンテンツ対策