SEO対策【内部対策・コンテンツSEO】のSEOコンサルサービス

ユーザーとコンテンツの接点を強化する外部対策

検索エンジンにおける順位変動を見ていると、最近よく目にする一つの傾向があります。
それは「増強型コンテンツを導入したサイト」と、そうでないサイトの格差です。

 

ここ最近、商用サイトの変化として、コラム等のコンテンツを増強するといった動きが見られるようになりました。このため、一部の商用サイトは新たに「情報サイトとしての価値」を生み出し、ユーザーの閲覧時間(滞在時間)を伸ばすことに成功しています。
この結果「コンテンツを持つ商用サイト」が検索エンジンでの上位表示までも獲得してしまう、といった事例が増えています。

 

なぜ、商用サイトにコラムを増やしただけで上位表示されたのか?
これは、今や上位表示には欠かせない要素となった「ユーザーにとってのコンテンツ価値」を、流入ユーザーの「閲覧時間」「ページ遷移」「直帰率」などのデータから判断し、それがアルゴリズムに組み込まれた結果であることに他なりません。

  • 閲覧時間
  • ページ遷移
  • 直帰率

この3つで数値が優秀なサイトは、自然とユーザーの言及率も高くなります。つまり「ユーザーによる口コミの広がり」や「ユーザーによる自発的なリンク」といったことが増えやすくなると言えます。

 

この事象を検索エンジン側から見てみましょう。

 

自社サイトでユーザーの言及率が高くなれば、外部リンクの存在が自然視され、それが効果的・効率的に作用します。逆のケースでは「外部リンクの存在が疑問視される」といったロジックにより、外部リンクの評価に影響しているものと考えられます。
ここで言うロジックとは、以下のような図式です。
直帰率が高い、閲覧時間が短い ≒ ユーザーにとって価値ある情報が少ないサイトを言及(リンク)するユーザー行動は自然発生的ではない。
つまり、十分なアクセスや滞在時間、ページ閲覧のないサイトへの被リンクが増える、といった現象は「作為的な人工リンク」でもない限りあり得ないのです。

 

もちろん現在でも「被リンクの評価」はSEO対策における重大要素の一つ。しかしこのようなアルゴリズムの変化により「被リンク効果」のみにフォーカスした従来の外部SEO対策では、上位表示が限定的なのも現実です。

 

SEO対策の成否は「自然リンクによる被リンク効果」と「アクセス流入後のユーザー行動」が鍵となります。

 

SEO対策の王道は、ユーザーにとって価値あるコンテンツの積み重ねに他ならず、弊社でも多くのウェブサイトのコンテンツ対策を承ってまいりました。
この基本ポリシーは、弊社設立当時の1999年より変わっておらず、実を言うとこれ自体は驚くべき変化ではありません。
しかし特に国内では「テクニックによる上位表示」の通用していた期間が長かったため、被リンク評価のみにフォーカスした、所謂「被リンク主体の対策」が中心になってしまった背景があります。

 

既述のとおり、ユーザーと検索エンジン双方にとっての「視認性を高める内部SEO対策」を実施した上で、ユーザー欲求を満たすコンテンツを作り続けることが、SEO対策の王道であることに間違いはありません。
しかし一方、コンテンツ対策は効果が見え始めるまでに多くの経費と期間を要し、有効なコンテンツ作成のノウハウを持たないサイトオーナーにとっては、ハードルが高いのも現実です。

 

「これからはコンテンツSEOの時代」
そんな情報が目につくようになり、コンテンツ作りを始める方も増えています。
しかし実際のところ、額に汗して作った「とっておきのコンテンツ」が、ほとんどユーザに見られていないという悲しい事態が起きているのも事実です。
毎日多くの時間を費やしコンテンツを発信しているものの「誰も見てくれない」「なかなか成果に繋がらない」と感じておられるサイトオーナー様も多いのではないでしょうか?

 

もしも、そんなお悩みを抱えているとしたら、安心してください。
確かに、コンテンツ対策には相応のノウハウが必要です。しかしながら、技術的な取り組みが難しいサイトオーナー様でも、そのようなスタート前の段階(コンテンツがユーザーの評価を受ける)での問題を解決するのが「コンテンツSEOのための外部対策」です。

 

私達が長年の業界経験から、自信をもってお贈りするサービス最大の目的は「ユーザーとコンテンツとの接点を強化するSEO外部対策」です。
実績のある自社メディアからの送客保証で、お客様はコンテンツ作成とユーザーの動向に基づいたコンテンツ改善に専念していただけます。

 

「コンテンツSEOのための外部対策」の仕組み

 

コンテンツSEOのための外部対策イメージ

*掲載メディアは、対策サイトと同一カテゴリーのメディアの中から、お約束したアクセス数が確保できると判断されるメディアの選択、掲載メディア数を調整します。

「コンテンツSEOのための外部対策」の効果

 

コンテンツ制作のノウハウを持っていなくても、サイトに対する思い、商品・サービスに対する思いがお客様のウェブサイトには詰まっている筈です。
そんな愛情の詰まったコンテンツが、誰の目にも留まらず埋もれてしまって良いのでしょうか?

 

自慢のコンテンツが見向きもされず、埋もれてしまう多くの原因は「ユーザーの目に触れる機会が少ない」ということです。
つまり、検索上位に至る前の段階からユーザーとコンテンツとの接点を作ることができれば、コンテンツへの共感に伴ってファンが増え、口コミが増え、リンクが増えるという理想的な好循環が始まります。

 

「一人でも多くのユーザーに、コンテンツを見て欲しい!」
弊社の「コンテンツSEOのための外部対策」は、そんなサイトオーナー様の願いを叶えるファーストステップとして、より多くのユーザーにウェブサイトのコンテンツが目に触れる機会をご提供いたします。

 

アクセスユーザーの滞在時間やページ遷移など、これまでは検索上位に至ってからしか把握し得なかった動向を早い段階で知ることができ、コンテンツ作りの視点や取り組み方など、その改善スピードが大幅に向上し、成功までのスピードを加速化します。
もちろん、ご契約時にお約束したアクセス流入数は見込みではなく保証です。

 

インターネットは、資金や人材の少ない中小企業や個人でも、驚くほどの成果を挙げられる下克上の世界。その証拠は、今や巷に溢れています。ユーチューバーやSNSのインフルエンサーと言われる成功者を見れば明らかです。
大切なのは、ユーザーが心から楽しめるコンテンツを作り続け、それを「一人でも多くのユーザーに見てもらう」こと。
私達は、本物のSEO対策で「自社のファン作り」を進めたいサイトオーナー様のために尽力いたします。

 

このようなお悩み、ご要望をお持ちのお客様にお勧めのサービスです

お気軽にご相談ください。

お客様のウェブサイトを拝見し、ご予算に応じて最適なプランをご提案いたします。