キーワード選定時に留意すべきこと②

コンバージョン率でワード選定するデメリット

絞り込まれた検索意図を持つユーザーが検索するワードとして高いコンバージョン率が得られる「具体性の高いワード」ですが、一方、検索意図が明確なだけに、そのワードで検索される回数(月間平均検索回数)は「ウィッグ 通販」さらには「ウィッグ」といった広い検索意図に合致するワードと比較すると、その1/10、あるいは1/100程度しかなく、それらのワードで得られる検索流入数は限定的、といったデメリットがあります。

では、どのようにキーワードを設定すると「売上に繋がるSEO対策」が実現できるのでしょう?

コンテンツSEO・ブログSEOの効果を最大化する Shes SEOとは?
タイトルとURLをコピーしました