2018

googleアルゴリズム

【ブログ・Webサイト集客を高速化】2019年のSEO対策

今、ブログやWebサイトの評価を上げる重要な要素はコンテンツの「質」と「価値」にあります。検索エンジンは「ウェブサイトに書かれている内容(コンテンツ)は検索ユーザーにとって有益なものか」といった点を重視してメディアを評価しますが、それをコンテンツの「質」と「価値」両面から評価しています。
コンテンツSEO

【業種別】サイト構成とキーワード 1:ECサイト

ネット上で物を販売するECショップ、ネットショップでは、アイテムやブランドをカバーしつつ、トレンドワードや季節ワード、ハウツーワードまで幅広く、細かく対策するのが効果的です。どんなECサイトでも、メインの対策になるのは「アイテムキーワード」です。細かいカテゴリーまでを視野に入れてキーワードをプランニングしましょう。
SEO内部対策

情報を漏れなく正確にクローラに伝えるためのサイト設計(2)

前回のコラム「情報を漏れなく正確にクローラに伝えるためのサイト設計(1)」では、SEO対策において重要な「リンク」について、外部リンクの役割と内部リンクの役割という視点でお伝えしました。 今回は内部リンクの実装方法について、より詳しく解説いたします。
SEO内部対策

情報を漏れなく正確にクローラに伝えるためのサイト設計(1)

ウェブサイトの情報を検索エンジンに正しく、そして漏れなく伝えるためには、クローラが情報を収集しやすい設計にすることが重要です。 どんなに優れたコンテンツも、クローラに収集されなければ検索エンジンからの評価を得ることはできません。 そのような意味では、情報を正確に伝えるためのサイト設計はSEO対策の第一歩と言えるかも知れません。
SEO内部対策

そのhtmlタグ、ペナルティーの対象になっていませんか?

ネクストSEOでは、SEO対策開始時に内部最適化に関するご提案書(修正指示書)を作成していますが、お客様のウェブサイトを拝見していると、見た目には問題がなくても、記述されているタグが適切ではなくペナルティーの対象となってしまう可能性を持ってしまっているケースが散見されます。 このコラムでは、その代表例として「リスト」の使い方について解説いたします。
コンテンツSEO

クローラーに認識されるコンテンツ制作のポイントは?

せっかくユーザー満足を満たす優良なコンテンツを作っても、それが検索エンジンのクローラーに正しく認識されなければ意味がありません。このコラムでは、コンテンツの内容を検索エンジンのクローラーに正しく伝え、正当な評価を受けるために知っておきたいポイントについて解説します。
コンテンツSEO

勝てるサイトのキーワード選定ポイント

ネクストSEOの対策プランは対策キーワード数無制限。ピックアップしたキーワードの中から、予算に合わせて取捨選択する必要はありません。 全ての効果的なキーワードを網羅して、ライバルに勝てるウェブサイトに育てましょう。 このコラムでは、効果的なキーワード選定の考え方と具体的手順についてお伝えできればと思います。
SEO内部対策

検索エンジンで上位表示を獲得するための7つのチェックポイント

ウェブサイトを立ち上げても検索結果の上位に表示されなければユーザーの目に触れる機会はほとんど訪れず、成果は上がりません。 この記事は検索結果の上位表示を実現するために行うべき7つのチェックポイントについてまとめたものです。
googleアルゴリズム

2018年のSEO対策、そのポイントは?

2018年に本格化しそうなモバイルファーストインデックスやAMP対応、そして昨年も多くのウェブサイトで導入された常時SSL化によるプライバシー保護、表示速度の高速化もますます注目される要素となりそうです。 また、このようなテクニカルな要素に対する対応ももちろん重要ですが、原点となるコンテンツに対する考え方を根本的に見直す必要がありそうです。