衰退するSEOライティングの手法に要注意|今知っておくべき本質とは

「SEOライティングって何?」
「SEO対策の具体的な手法を知りたい」

上記のような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、SEOライティングを行う際に必須となる考え方と、具体的なSEO対策について詳しく紹介していきます。

基本的なSEOライティングを知ることで、コンテンツ作りがさらに楽しくなるでしょう。

【要チェック】SEOライティングの前提

最初に、「SEOライティングがどういったものなのか」を脳内にしっかり落とし込む必要があります。

まず、SEOを簡略に説明しますと、「ユーザー」「検索エンジン」の双方にとって読み取りやすいサイト・記事を作成していくための技術、または手法です。

SEOというと、どうしても検索順位ばかりを優先してしまいますが、本質はそこにありません。
本質は、ユーザーと検索エンジン、両者に分かりやすい、そして読みやすいコンテンツを作成するところにあります。

たとえば、
◉SEOを意識するあまり不自然な文章になっている
◉情報量と文字数は多いがユーザーが読み進めにくい構成になっている

・・・などなど。
検索エンジンに寄せすぎている失敗例をよく見ます。

大事なので繰り返します。「Google(検索エンジン)」「ユーザー」両者にとって見やすい、分かりやすいコンテンツを作成することが、SEO対策であり、重要な前提となります。

基本にして重要となるSEOライティングの基礎

SEOライティングにとって大事な前提を理解していただいた後は、SEOライティングの基礎的な手法、技術について紹介していきます。

以下で紹介していくのは基本的なものばかりですが、どれもが重要なものです。
つまり、上位表示やPV数に直結するテクニックとなっています。

難しいことは何もありませんので、ぜひ参考にされてみてください。

キーワード(ユーザーの考え)に寄り添ったライティングをする

まずは、設定したキーワードについて熟考していきましょう。
キーワードはユーザーの考えそのものですから、深く彫り下がる必要があります。

たとえば、この記事を作成する際に設定したキーワードは「SEO ライティング」です。
「SEO ライティング」というキーワードから連想されるユーザーの考えは「SEOライティングってなんだろう」または、「SEOライティングについて詳しく知りたい」というようなところでしょうか。

上記のように、まずはキーワードからユーザーの考えをひも解いていきます。
次に、実際にGoogleの検索エンジンで検索しましょう。

「SEO ライティング」について調べてみると、「SEOライティングのノウハウを記載した記事」が多く目立ちます。
この時点でユーザーの欲している情報を把握したもの同然。ただし、ここからが重要になります。

ユーザーの考えに寄り添ったライティングをしていくのですが、これが少しだけ難しいです。コツは、「検索したユーザーの立場になってみること」。

下記の2点について深く考えてみてください。

◉どういう気持ちや想いをもって検索しているのか
◉検索にはどういう意図(考え)があるのか

上記について考えを巡らせることで、ユーザーの考えに寄り添うヒントが見つかります。

こそあど言葉はユーザーにも検索エンジンにも悪い

こそあど言葉はユーザーにも、検索エンジンにも非効果的です。

こそあど言葉とは、「これ」「あれ」「あの」などの代名詞を指します。

こそあど言葉はそもそも検索エンジンに理解されませんし、ユーザーにもトレスを与えてしまうリスクがあります。

たとえば、「この考え」という言葉と「ユーザーに寄り添った考え」という言葉があったとしましょう。
「この考え」と書かれていても、人なら文脈の流れから意味をくみ取れますが、検索エンジンからすれば全く別の言葉であると認識します。

結果的に、人と検索エンジンどちらにもよくないため、検索順位に悪影響を及ぼしてしまうのです。

ライティングする際、こそあど言葉は癖になりやすいので注意しましょう。

同じ表現を多用せず文体にリズムを作る

同じ表現の多用を控え、文体にリズムを作るように心がけましょう。

文体にリズムが生まれることで、ユーザーが読みやすくなり、共起語が増えて検索エンジンからの評価が高くなります。

読みやすい記事というのは、意図的にユーザーのリズムを崩さないような工夫が施されています。たとえば、長編小説をスイスイと読み進められるのは、文にリズムがあり、ユーザーにストレスを感じさせず、気持ち良く読めるからです。

また、同じ表現を控えることで共起語が生まれやすくなります。

共起語とは、設定したキーワードとの関連性が高く、上位表示されているサイトでの出現頻度が高い単語・文体のことを指します。

つまり、同じ表現を少なくし、様々なワードを利用することで、

◉ユーザーにとって読みやすい文になるため、サイトでの滞在時間が長くなる
◉共起語が増えることで検索エンジンからの評価が高くなる

上記のようなメリットを得られるのです。

キーワードの共起語は下記のツールを利用すれば無料で取得できます。

共起語検索ツール:https://neoinspire.net/cooccur/

「濃くて厚い」を心がけたライティングをする

濃くて厚い記事ライティングを心がけましょう。

SEOライティングには「文字数を多くする」という手法があり、記事の文字数を増やすことは非常に効果的だとされています。

しかし、文字数を増やして記事の質を落とすような「薄く引き伸ばすようなライティング」は今後、Googleのアルゴリズムの進化と共に効果を失っていくことが安易に予想できます。

理由はシンプルに「ユーザーの考えに寄り添っていないから」です。
もっと言うと、3,000文字程度に収まる情報を4,000文字、5,000文字に引き伸ばした記事を上位に表示させる意味もありません。

また、意図的に文字数を増やす意識がなくても、ユーザーニーズに応えようとすることで自然と超過してしまうこともあります。
情報の取捨選択に迷ったら、もう一度キーワードへ立ち返り、ユーザーの考えを深堀してみてください。すると、自然に濃くて厚い記事が、必ず作成できます。

どれくらいの期間での達成を見るか

自分が達成したいという目標の達成期間を決めることも重要です。
どれだけ素晴らしいSEO対策を施しても、メディアは急激に成長してくれないからです。

達成したい目標や期間がないと、ズルズルと結果がでないままフェードアウトしてしまうリスクがあります。

のんびりと自分のペースでライティングしていきたいということであれば、少しずつスキルを付け、サイトを育てていきましょう。

「大きな目標をできるだけ速く達成したい」と考えるのであれば、SNSや広告ネットワークを利用して、検索上位に至る前の段階から、コンテンツが数多くのユーザーの目に触れる環境を作るのが効果的です。
She’s SEOの外部対策(メディアプロモーション)は単体でも利用できますので、このようなサービスの利用を併用することで、成果発生までの期間短縮を図ることが可能です。

Check!

She’s SEOのコンテンツ対策はこちら!コンテンツ対策

Check!

She’s SEOの外部対策(メディアプロモーション)はこちら!外部対策(メディアプロモーション)

タイトルとURLをコピーしました