sheportseo

SEO内部対策

今日から使えるブログでのSEO対策|Googleの考えに基づく

「ブログで検索順位を上げたいからSEO対策を知りたい」「SEOの内部対策と外部対策って何?」といった疑問をお持ちではないでしょうか。この記事では、ブログ記事の検索順位を上げたいと悩むあなたに、「内部対策」「外部対策」2つのSEO対策を解説していきます。
googleアルゴリズム

私たちが提供するSEO対策

私たちが提供するSEO対策は、コンテンツSEOの施策と同様、コンテンツの「品質」と「価値」を高めることでウェブサイトの評価を向上させ、その結果として検索流入、検索順位の改善を図るものですが、本来、膨大な時間と費用を要する「発信」のプロセスを安価で実施できるノウハウを持っています。
コンテンツSEO

コンテンツの「品質」と「価値」

全うなコンテンツSEO会社が、コンテンツ掲載と同時に発信の仕組みを作っていることは既に述べましたが、この発信の仕組み作りには膨大な時間と費用を要します。
コンテンツSEO

ロングテールキーワード・ミドルキーワード対策の障壁

SEO対策では、ロングテールキーワードやミドルキーワードでの対策が優れていることを既にご存知の方も多いかと思います。ですが、この対策を導入するに際しては、大きな障壁があります。
SEO内部対策

【業種別】サイト構成とキーワード 3:不動産サイト

不動産サイトはキーワードが限定されており、SEO的な施策の難易度は比較的低い分野ですが、流動的で複雑な「物件」を扱うため制作技術的な課題が多く、十分にSEO対策が施せないケースも少なくありません。弊社の受注案件でも、サイト構造そのものを見直さなければならないケースが多く、そのような場合にはサイト自体のリニューアルを実施します。
コンテンツSEO

【業種別】サイト構成とキーワード 2:ニュース&メディアサイト

SEOでニュース、ニュースメディアサイトを活性化させる方法を解説しています。ニュースやメディアサイトはキーワードが豊富ですので、うまく構造化していくことでかなりの集客効果が期待できる分野と言えます。ポイントは「フローコンテンツ」と「ストックコンテンツ」の使い分けです。
googleアルゴリズム

【ブログ・Webサイト集客を高速化】2019年のSEO対策

ブログ・WebサイトのSEOについて解説しています。今、ブログやWebサイトの評価を上げる重要な要素はコンテンツの「質」と「価値」にあります。検索エンジンは「ウェブサイトに書かれている内容(コンテンツ)は検索ユーザーにとって有益なものか」といった点を重視してメディアを評価しますが、それをコンテンツの「質」と「価値」両面から評価しています。
コンテンツSEO

【業種別】サイト構成とキーワード 1:ECサイト

ECサイトのSEOについて解説しています。ネット上で物を販売するECショップ、ネットショップでは、アイテムやブランドをカバーしつつ、トレンドワードや季節ワード、ハウツーワードまで幅広く、細かく対策するのが効果的です。どんなECサイトでも、メインの対策になるのは「アイテムキーワード」です。
SEO内部対策

検索エンジンのクローラーに優しいサイト設計(2)

検索エンジンのクローラーに優しいサイト設計について解説しています。ウェブサイト内のページを検索エンジンに漏れなく巡回してもらうためには、全てのページに最低1つ以上のリンクを張る必要があります。そして、上位表示を狙うページにはより多くの内部リンクを集めることが重要です。
SEO内部対策

検索エンジンのクローラーに優しいサイト設計(1)

検索エンジンのクローラーに優しいサイト設計について解説しています。検索エンジンにウェブサイトの情報を正確に漏れなく認識してもらうためには、サイト内の全てのページでページ間リンクを設置し、クローラーが全てのページを巡回できる設計にしておく必要があります。
カテゴリ絞り込み
タグ絞り込み
アーカイブ
タイトルとURLをコピーしました